2010年1月25日月曜日

国際会計基準の引当金が変わる:IAS37の公開草案

国際会計基準審議会(IASB)は2010年1月にIAS第37号「引当金、偶発負債及び偶発資産」の改訂を再提案する公開草案を公表しました。



この公開草案では、引当金の測定方法が大幅に変更されることになります。



現行の規定では、引当金は
(1)過去の事象の結果として現在の義務を有していて
(2)義務を履行するための経済的便益のある資源が流出する可能性が高く
(3)金額を信頼性を持って見積可能である
ことが要件になっています。
基準書に明記されていることで、(2)の「可能性が高い」というのは50%を超える可能性を指しています。



現行では発生する可能性が低ければ引当金を認識することはありません。
認識する場合は支払金額の最善の見積りにより測定されることになり、最も可能性の高い金額をもって引当金とする場合が多いと考えられます。
また支払金額自体も直接的な費用のみで検討していると思います。



一方、今回の公開草案では
企業が有する義務の期待現在価値を測定するアプローチが採用されています。
このアプローチでは、企業の義務について予想されるすべての結果を加重平均して測定されます。
可能性が50%以下の場合でも、期待値の加重平均で認識が必要となります。
また、直接的な費用だけでなく、義務の履行に必要な間接的な費用も含まれることになります。
この加重平均した金額から貨幣の時間価値を考慮して割り引きます。



今回の公開草案によると、それだけでなく期待値から実際の支払額が乖離するリスクも見積もらなくてはなりません。
例を見ると、5%など率でこのリスクを見積もることが想定されているようですが、実際には判断が難しいところだと思います。



引当金の計上が必要になる場合というのは、
和解金や違約金など企業にとって債務を負うだけでなく企業イメージの低下など悪影響を及ぼすことが多いので、
現実には計上が遅れがちになるようです。
今回の公開草案では発生可能性がそれほど高くなくても引当金が必要となるので、引当金の計上が早い段階で行なわれます。
実務への影響は大きいのではないでしょうか。



2010年1月18日月曜日

国際会計基準導入のカギは:先行導入国に学ぶ

日本でも国際会計基準が適用される見通しとなり、
各方面で着々と準備が進められています。



企業会計審議会などから国際会計基準の日本語訳が発行されました。
金融庁からは国際会計基準に基づく連結財務諸表の開示例が公表されています。
個々の企業でも国際会計基準自体を知るという段階から
自社の影響を分析するといった検討が始まっています。



こうなってくると、先行して国際会計基準を適用している海外の状況が気になってきます。



2011年に国際会計基準を適用するカナダでは、
すでに本番に向けて日本より先行して準備が進められています。



カナダでもやはり導入にあたっての混乱はあったようで、
ひとつ問題になったのが、ガスなどの料金規制産業に属する企業の会計処理です。
このような企業では原価を料金として回収し、一定の利益を確保した上で
超過した分は還元します。
このような企業活動の会計処理についての基準書がなかったのです。



カナダからの問題提起についてはインドでも同様の問題が指摘され、
またすでに導入されているEUなどでも同じ問題が認識されました。



そこで、国際会計基準審議会(IASB)は新しい基準書を開発することにしました。
カナダからの問題提起が2008年で、
2009年にはプロジェクトが発足し、現在公開草案が公表されています。
2010年の上期には基準書の公表となる予定です。



このように新規の国によって問題点が発見され、
新しい基準書が作成されるということがあるのです。



IASB議長が指摘していますが、
新しく導入した国では必ずといっていいほど
予期できないような思いがけない問題が起きるものです。
それに対してIASBも十分なサポートを行なっていくとのことですが、
問題の発見にはその国での十分な検討が必要になります。



今年は日本でも国際会計基準についての議論が活発になって
国際会計基準の発展に貢献できるような問題提起ができればいいと思います。



重要なのは、早期発見、早期対応、ということではないでしょうか。





2010年1月13日水曜日

IFRSセミナーのお知らせ

今日はセミナーのお知らせです。



昨年に続き、金融財務研究会でセミナーを開催します。



IFRS金融商品の入門から最前線へ
        〜最新の基準書IFRS第9号を中心に〜



ということで、昨年公表されたIFRS第9号の内容を中心に解説します。



最近いろいろな場でIFRSの話をさせていただくことが増えましたが、基本的な考え方や用語を改めて確認しておく必要性を感じている方が多くいらっしゃるように思います。



いきなり各論に入ってしまうと、基本的な概念が分からないため内容を誤解してしまうことも多いようです。



このセミナーでは基本的な考え方を理解することに重点を置き、IFRSの会計観を改めて確認したいと考えています。



また、最新の基準書や審議の動向を紹介するので、最前線の話題にも多く触れることができます。



1月29日の午後に開催します。
興味のある方は是非ご参加ください。



お申し込みは金融財務研究会のHPよりお願いいたします。