2018年1月8日月曜日

今後大きく変わる、IFRSの損益計算書

こんにちは。イージフの野口です。2018年になりました。IASBから公表される公開草案などの文書よりも早く、毎月のIASB会議からIFRSの将来を知り、IFRSの勘所を理解しよう、というのが当ブログの試みです。今年もよろしくお願いします。

最近のIASB会議では基本財務諸表の審議が注目されています。今回の改訂では特に「純損益及びその他の包括利益計算書」、損益計算書(P/L)に関する検討が優先して進められています。

議論のもとを辿ると「IFRSB/S重視」というIFRSの大きな特色であった考え方が「B/Sだけでなく、P/Lも大事」という考え方に大きく変わっていったという時代の流れがあります。現行のIFRSが規定している財務諸表の表示は「B/S重視」の考え方に基づいている部分があり、現在の利害関係者の要求に応えられていないと考えられています。

改訂の範囲は限定されていますが、そもそもの考え方が合っていないので、今回の改訂は思いの外大きな変更になるのではないかという印象があります。

たとえば、昨年最後の201712月までの議論の状況をみると、以下の形で改訂案がまとまる可能性が高くなってきました(これらの事項はまだ議論が必要と考えられており、会議で決定したわけではありませんのでご注意ください)。
  1. 投資カテゴリーを新設し、収益費用項目を投資と財務のカテゴリーに分ける
  2. 新しい段階損益としてEBITを表示する
  3. その他の包括利益という名称を廃止する

 IFRSP/Lは要約され過ぎてかえって情報がわからなくなっている、という批判に応え、より情報を充実させようというのが今回の改訂の方針です。損益項目をより細分化したうえでカテゴリー別に区分表示し、さらにそれらの区分のどこかの段階で新しい利益を表示する、という検討が進められています。

現在のところ、営業、投資、財務のカテゴリーに区分し、投資、財務カテゴリーを除いた税引き前利益(EBIT)を新しい段階利益として表示する案が中心に議論されています。

ちなみに、この利益は営業活動から生じる利益として捉えられることもできるので、「営業利益」という名称にしてはどうか、という提案が会議で取り上げられましたが、「営業利益」という名称は使用すべきではないという意見が多数を占め、否決されています。日本基準では「営業利益」は昔から使われる用語ですが、IASBでは「営業利益」という言葉は定義できない曖昧な言葉として避けられています。

また、今回の改訂では、「その他の包括利益」という言葉もなくなることになりそうです。現在その他の包括利益は2つの区分を設けていますが、それらの区分の名称を「純損益の外で報告される再測定」、「将来の純損益に含められる収益および費用」として、それぞれ独立して表示されることを提案する予定です。

この区分自体は現行基準でも存在するもので些細な変更に思えるかもしれませんが、この名称変更の背景には、これらの項目が包括利益の一部であるということよりも、将来純損益として認識されるか否かという純損益との関係性が重要であるという立場があります。今まで、その他の包括利益の意義や活用方法について問われてきましたが、その回答として、その他包括利益の位置付けを明らかにしたと考えられます。


これらの議論は、まだ対案を検討する余地を残しつつ議論が進められています。具体的な個別の論点では意見が大きく割れる場面もあり、今後の審議に注目していきたいところです。2018年前半にディスカッション・ペーパーか公開草案を公表する予定です。これまで味気なく思えたP/Lもだいぶ様変わりすることになるのではないかと思います。


イージフ 野口